電通模研blog

電気通信大学模型研究会のブログです。活動報告、雑記その他を公開しています

2010年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

10月16日

これはマクロス班の日記(まだアップしていなかった まとめてアップしようとしたら遅くなった)から転載したものです 

本日は個人的なこと


今日はプラモデルラジコンショーに行ってきました 
家が千葉なのもこういうときは便利だ 普段はくそ面倒臭いけど 

新製品で気になるものあるし面白いマテリアル、作例もあって製作意欲がわきますね 
ただ個人製作はたぶん無理 新入生歓迎会にでもOB枠で持ち込むか

スポンサーサイト

| 製作日記 | 02:22 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

10月15日 金

これはマクロス班の日記(一時的なものメンバー以外非公開 基本三年のみ)から転載したものです 

トラスは大変 疲れる 疲れる 疲れる…



トラスの表面処理がとりあえず今できている分終了した 
後は日曜日に複製したものをまた整形する

トラスの接続作業が結構面倒くさい レジンの歪みを直したり、隙間を埋めたりして結構時間かかる
レジンの歪みを指で押さえて直して接着剤で固めることで無理やり直そうとして、何度指を止めてしまったか 
指の皮がべろっといきそうで怖い 

エレベータの表面処理が一部を除いて終了した 後は一年生に任せていた部分 
まだ組み立てていないけど今回LEDを仕込む関係で組み立ては後でどう配線するか考えながら行う 
とりあえずパーツの表面処理だけして組み立てれば完成の状態にしておく

| 製作日記 | 02:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

10月14日 木

これはマクロス班の日記(一時的なものメンバー以外非公開 基本三年のみ)から転載したものです 

トラスの強度は全く問題がないレベルだった すげー丈夫 しなる 

むしろ接着した後の表面処理が問題 一応方針は決まったけど時間かかる 
集会室が使えるうちに整形だけは全部済ませておきたいな 

甲板はだんだんできてきたけど少し進みがゆっくりかも 基本休日に作業している そろそろ平日自由参加じゃなくて呼んでもいいかもしれんな トラスも数多いしそうするべきだったかも もう終わったけど

機体は明日見る予定 できていることを願う まあ今までの経過見るとほぼできているだろう うん 大丈夫大丈夫

今日も昨日と同じくトラスの表面処理とリベット打ち 

3,4人でやっているけどこういう単純作業はもっと人数ほしいな 

トラスの表面処理は結構進んだので接続に入る
角材を使って直線を出してそれに合わせてトラスをまっすぐつなぎ合わせていく 
接続には高強度の瞬間接着剤と黒瞬着を併用 
ぴったりくっつくところは高強度 すきまが開くところは黒瞬着 使い分けていく

ぴったり合うように作ったのにレジン複製したからなのか隙間があいたりまっすぐなっていないところもあって選別が大変だった ゆがんでるのはゆでで形を治すか後ろに使おう

接続するとかなり長くなるので不安だけど瞬着はけっこう強度があってしっかりくっついた 

ただ横の接着はよくても縦の接着がまだわからないので油断は禁物 

上下どちらかを直線にしても反対側がゆがんでいることがある 
なのでたぶん接着するときはレジンに力をいれて軽く曲げて瞬着で強引に形を作るはず 

強度が心配


甲板の切り出しは任せているのでよくわからないが順調に進んでいるよう 本格的な作業は日曜に人を集めて行うが平日もリーダーがちょこちょこやっているようだ


機体のほうは任せきりだが日曜あたりみてみよう

| 製作日記 | 02:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

10月13日 水

これはマクロス班の日記(一時的なものメンバー以外非公開 基本三年のみ)から転載したものです 

黒瞬着でのリベットは一回打っただけだとサフを吹いて塗装するとわからなくなってしまう なので一回打って固めてから上からもう一回打つようにしようかな 

エレベーターは設計をしっかりして一年生にすべて任せてもよかったかもしれない もしくは完成予想図だけ渡して後は向こうで作ってもらう わからないことあったら聞いてとか 
組み立てはすり合わせがあるから時間かかって大変だった 


昨日と同じくトラスのバリ取りを行う またバリがとれたものには黒瞬着をつかって丸リベットモールドを入れていく

方法としては黒瞬着を出してつまようじでリベットを打ちたいところにちょんづけする 
すると表面張力で丸く盛り上がるので硬化スプレーで固める

形が一定ではなく荒いモールドですが、今回のものは数が多く一つ一つ丁寧にやるのはほぼ不可能なこととあまり目立つ位置ではないので妥協して行いました

この作業注意しないとうまく丸く盛り上がらず変な形になってしまうので緊張しました すごい細かいから目が疲れるしね 

ただ失敗しても硬化スプレー吹く前だったら簡単にやり直せるのでそこはよかったかな


エレベーターに関してはもう切り出しは終わっているので表面処理を一年生にやっててもらいました 
一部の組み立ては複雑でかなり面倒なので自分でやっちゃいました 
わかりやすい説明の仕方を考えないとこの部分の作成はたぶん口頭での簡単な説明では絶対伝わらなかった これからのことを考えるともっとうまく説明できるようにしないといけなかったな

| 製作日記 | 02:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

10月12日 火

これはマクロス班の日記(一時的なものメンバー以外非公開 基本三年のみ)から転載したものです 

トラスの表面処理はとにかく数が多い みんなで分担してやればよかったけど思ったより分担がうまくいかなかった まあできたからいいか 

トラスの設計はもう少し練ってから複製すればよかったかもしれない 複製してから問題がガンガン出てきてそのたびに修正してる まあ当然のことなのかな 



今日から集会室での作業
とりあえず二つ机を占領してベースを広げてみる 上に貼るプラ板の工作は大道具班に任せているがうまくいっているようだ 結構いい感じにできてきていると思う

こちらの作業としては昨日抜いたトラス構造の表面処理を行う
今日処理したのは三つ奥に並べるのうち一番手前に来るものだから結構丁寧に作業をした


まず複製して大きなバリと湯口をニッパーで切り取り、軽くデザインナイフでバリをとる

その後モールドコートを使ったので離型剤を使っていないので本当は必要ないが、レジンの減益がついた手で触っているのでいちおう中性洗剤で洗った後デザインナイフで丁寧にバリをとり、穴は黒瞬着と光硬化パテを使って埋めた

整形できたら水で洗って歯ブラシでこすることで粉とすごく小さなバリをはがす

この作業を100個以上ひたすら繰り返しました 
飽きるねこれ

| 製作日記 | 02:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

10月11日 月

これはマクロス班の日記(一時的なものメンバー以外非公開 基本三年のみ)から転載したものです 


休みの日に集合をかけるとかなり人が集まって作業が進むね 
甲板はもう終わってると思っていた… 意外と時間かかる 

コミュニケーション力は本当に重要 あと常識のすり合わせ こっちが言わなくてもわかると思っていたことが全然伝わっていなかったとかあるしね

もう少し人を扱えるようになろう 自分でやるだけじゃなくて

また人を集めて作業を行った 

プラ板工作班は一応設計図を渡して作業を行ってもらったが説明が甘かったのか多少食い違いがあった
もうすこしコミュニケーションを頑張ろう・・・

プラ段工作班はトレス紙で形をとって切り出しを行っていた 甲板にある開閉部分は接続部を△△みたいにして溝を作ろうとしたがその方法でかなりもめた 
意思疎通がうまくいってなかったようでどう作るか決めるのに時間がかかった 説明のうまさは大事だね

プラダンの接続には結局両面テープを使用することにした これが一番強く接続できる 

複製班は一日中こもって120個程度複製を行った 
モールドコートを使うとすごい 抜けやすさが半端ない 引っかかりがなくてレジンとシリコン シリコンとシリコンがスムーズにはがれる これなら型が長持ちするというのも納得

さくらんが頑張ってくれたからか気泡が入るものも少なくきれいに抜けている 
ただ表面処理が大変そうだ


| 製作日記 | 02:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

10月10日

 これはマクロス班の日記(一時的なものメンバー以外非公開 基本三年のみ)から転載したものです 

この時に型が完成して複製に取り掛かるようになった モールドコートは抜けやすさが半端なかったけどだいたい20個抜いたら効果がなくなったそうだ また塗りなおせばいいんだろうけどいいシリコン使うのとどっちがいいかよくわからん 
WF出す人は参考になったかな? 共同制作は作るだけじゃなくてこういう実験もやってみるといいよね 今年はモールドコートと電飾だ



今日は明日人を集めて作業を進めるためのリストづくりを行った 
これ以上作業が進んで壊す作業に入るとたぶん2,3年生が中心になって一年生の仕事が少なくなってしまうと思うので今のうちに作業を回しておきたい

共同制作は作ることも大事だけど全体のレベルアップも考えないといけない 俺も一年のころプラ板工作の仕方とかレジンの使い方とかスプレーでの広範囲の塗装とかいろいろ教わったし

ただ、いまのところ2,3年生 3年生がもう授業少ないからかいつも入り浸って作業を進めるので一年に回す作業が少なくなっているかもしれない とくにプラ板工作班

もう少し担当させることを考えて行ったほうがいいかもしれないな





今日モールドコート塗りました 箱開けたけどすげーちいさいねあれ 
なんか箱にガスマスクマークとかついててちょっちこわい まあやる人は手袋と防毒マスク付けてやってもらった ゴーグルも付けてたのか?

とりあえずどんな感じになるか楽しみです

| 製作日記 | 01:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

10月9日 土

 これはマクロス班の日記(一時的なものメンバー以外非公開 基本三年のみ)から転載したものです 

プラ板とかプラ棒の管理が甘くなってきている気がする 気が付いたら足りなかったり逆にかなり余っていたり 
集会室撤収するときに数を確認しておいてもいいかもしれないな 

プラ板工作はかなり手間がかかった 寸法通り切っているつもりでも誤差があるのでパテを持って修正したり現物合わせで切りなおしたり 目の粗いやすりでやったので少しゆがんでいる気がするがそこはまあ愛嬌ということで…


細かいプラ板工作の部分がなかなか終わらない 
プラ棒も想定していたよりとても多く使うしかなり大変だ
あまり目立たないところだしもう少し簡単な形にしても良かったかもしれない まあ急いでまだやることあまりないしいいのか?

甲板のモールド形状がほぼ決定した ちょっとさびしい気もするけどとりあえず作ってみて後で修正かけよう 
まだ色塗ってないし機体も置いてないからさびしく見えるけどおけば結構密度濃くなるはず 
むしろこれ以上濃くしたらごちゃごちゃするかもしれない 注意しないと

| 製作日記 | 01:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

10月8日

 これはマクロス班の日記(一時的なものメンバー以外非公開 基本三年のみ)から転載したものです 

日記の写しに時間かけすぎかも コメント入れなくてもいいのか でもせっかく移すんだからちょっとコメント入れたいな 

そろそろレポートとか宿題とかがつらくなってきた 気合い入れないと 

黒瞬間がどこでも売り切れなので最近光硬化が大活躍です ただ強度と粘度の関係があるので工夫しないとね


甲板の端の大まかな形の切り出しが完成した 問題はどう甲板ベースとくっつけるかだ 
この部分ははみ出すのでベースに接着するんだが接着面が小さいのでちょっとやりずらい 
プラとプラダン、スタイロフォームの複合だから余計難しい くっついても強度が足りないと端が落ちてしまうので慎重に検討しないと

とりあえず真鍮線を通すか金属板をベースと端のプラ板にまたぐようにして面で接着するかと考え中 どうするか


プラの接着面の穴埋めは光硬化パテが便利だが 硬化させるのに白熱球を使ってプラ曲がってしまった人がいた 光硬化パテは100均のブラックライトを使用すると暑くならず硬化が非常に速くなって便利 黒瞬着やアルテコでもいいけど小さな穴埋めなら光硬化が一番早くて簡単だと思う

| 製作日記 | 01:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

10月6日 複製地獄

 これはマクロス班の日記(一時的なものメンバー以外非公開 基本三年のみ)から転載したものです 

複製班は大変そうでした 本当にお疲れ様 

この頃はまだ複製班が忙しくしていてまだのんびりしていた気がする とにかく複製だけ何とかしろという感じで

ゆでるのは結局やらんかったな でも歪みがかなりあった たぶんあの歪みはレジンのゆがみというよりまだ硬化しきっていないときにとりだしてしまったことが原因だろう もっと余裕持って複製するようにすればよかったかな

月曜から水曜は基本的に複製班に複製してもらって残りは特に作業することはまだなし まだ学期初めで忙しいのに複製班にはほんとうに申し訳ない  

複製は大量に行うのでいくつも型を作って週末から大量生産を行うようだ できたらゆでてまな板の上にでも置くかもしれない

 複製するとまっすぐなはずのトラスが曲がることがあるのでゆでて柔らかくして平らな面の上に置くことで歪みを治し、またレジンの化学反応を促進し経年劣化を少しでも小さくすることができると思うからだ

まあとにかく作ってみないとわからないので考えておくだけにしよう


甲板表面はほぼ実寸大設計図が完成しベースにコピーを貼りつけてある これをみて大きさを調整して週末に切り出しを行ってもらい作成に入る 


甲板の端の表現の大きさ決定も今日行った 形は現代の空母の端を参考に作成 大きさは生協でケント紙を買ってきて実寸大で大まかな模型を作って検討し決定した 

このケント紙、画用紙みたいな硬さである程度強度があり加工も簡単なので検討モデルの作成やあまり触らない細かな部分の作成に便利そうだ

| 製作日記 | 01:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

PK活動日記10/28

みなさんこんばんは。ペロペロです。

ここのところ現実世界が忙しくてなかなか日記がかけず申し訳ありませんでした。
お詫びに今日はデラックス版でお届け、しようと思っていたのですが、相変わらず撮影量が少なく内容は薄めです。
暖かく見守ってやって下さい。


本日のマクロス班

DSC_0181.jpg
スチロール板に穴を開け、さらにそれっぽさが増してまいりました。
写真で見ると小さく感じるかもしれませんがなかなか大きなサイズです。

DSC_0182.jpg
上に載せる(のかな?)部分も着々と進行中でした。

DSC_0179.jpg
大量に複製していたパーツも表面処理から結合、さらなる表面処理を経て現在こんな感じになりました。
これがこの先どうなってくるのか・・・?

今後の記事で明らかになっていくでしょう。

DSC_0180.jpg
集会室といっても、作業するだけではありません。
時には部員の憩いの場として、また時にはレポートや製図を行う場所としても使われています。

ジャパンカップジュニアサーキットもあるでよ。


本日のロックマン班

すれ違う心とからだ、ロックマン班。
会えません。
今日は早くに帰宅したからなんですけどね。(睡眠不足だったので…おかげでこんな時刻に日記をかいております。)

DSC_0176.jpg
氷ステージが更なる進化をとげました。
石膏ぶっかけプレイです。
どうなるのかさっぱりわかりません。

DSC_0177.jpg
森ステージも着々と進行中です。
左上の何故か隙間のある謎の造形物。
そろそろ分かる方には分かると思いますが、とあるギミックというか動きはしませんが、特殊効果的なものを再現しようとしているのです。
どうなるかはお楽しみ。

DSC_0178.jpg
そしてちょっと見ぬ間に新たなステージが!
ここは!・・・どこ?

でもロックマンはどのマップもメカメカしい雰囲気じゃなかったかなぁと勝手に思っているので、ただ置いて並べてあるだけでもそれっぽく見えるのが面白いですね。

DSC_0185.jpg DSC_0186.jpg
先日から何度か登場しているこちらの氷塗装の試作品。
実は模型製作といっても何から何まで計画通り、という訳にはいきません。
予定していた事をやってみたら大失敗、そんな事も当然あります。

1つ目の写真左側を御覧ください。
水色に塗装した石膏の上からクリアレジンを流しこんでそれっぽくしようとした所ですね。
しかし2つ目の写真を見ると分かるように、気泡が大量にできてしまいとても氷とは言いがたい事態になってしまいました。

ロックマン班では、これが石膏に含まれている水分が原因ではないかという仮定を立て、トップコートを吹いてからクリアレジンを流す等の対策が論議されているようです。

このように計画通りいかずに、そこを修正していくのも模型製作の大きな部分を占めております。
トライアンドエラーですね。

今日もロックマン班は頑張っていました。


おまけ:作業場風景@ロックマン班


作業は集会室というサークル棟3Fの大きな部屋を、大体手前半分位がマクロス班、奥半分位がロックマン班、と分けて使っています。
今まで作業場をクローズアップして撮影したことはありましたが、全景を写すのも面白いかと思ったので撮影してきました。

DSC_0183.jpg
中央にででんと氷ステージ作業スペースがあります。
机の横にゴミ袋を付けてゴミも効率的に処分できるようにしています。

右奥には森林MAPその他の作業スペースもありますね。

DSC_0184.jpg
こちらが森林MAPの作業スペース。
このように材料から工具、お菓子のゴミに飲み物の空きペットボトル、果ては全然関係ないものまで渾然一体と存在するのがMOKEN STYLEです。
すぐ慣れます。

DSC_0175.jpg
さらに奥には熊猫師父氏のジオラマがででんと鎮座。
どこかで見たような気がするジオラマは調布祭にて是非確認してください。


次回は(覚えていれば)マクロス班の作業場を撮影したいですね。


あんまり関係無い話

段々長くなってきている気がしてきたので今日は簡潔にまとめます。

ロールちゃんスイートポテト味が生協に入ったぞぉおおおおおおおおおおおおお!







と、喜んで買ったらイマイチ美味しくなかった・・・


個人的なロールちゃんランキングは

つぶリンゴ入クリーム>チョコ>>>>スイートポテト≧ホイップ

でした。
皆さんも是非試してみてください。
ちなみに普通の人が食べるとけっこう胸にくるみたいです。
僕はスイートブール食べた後にロールちゃんモリモリ食べるのが最近の昼ごはんなんですけどね。

| 製作日記 | 04:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

10月3日 初めての全体作業

この日から人を集めて本格的に製作を行った これ以降日曜に全体集合をかけ平日は特に何も指定しないという感じになった 

複製班の人たちには頑張ってもらった ご苦労様です

エレベーターは設計が複雑で図面も非常に見にくいので切り出しだけ行ってもらって組み立ては俺が行った 
ただ切り出したパーツの整形や切りなおし 設計ミスの修正などを行っていたらすごく時間がかかってしまった 
結局完成は今になってだ もっと設計をしっかりして説明をして任せておけばよかったかもしれない 
たぶん三年生がこのような細かい作業にかかりきりになるのはよくない 目が届かなくてミスというのがあったし


機体はたまにみているが進んでいる ほとんど任せきりだけど大丈夫だろう たぶん 俺は信じているぞ


今日から一、二年生たちに本格的に動いてもらって製作を開始する。
周りに貼るトラスが完成したので複製を行う複製班、ベースのスタイロフォームとプラダンを切り出すベース班、エレベーターや甲板の表面のデティールを作成する班の3つにわかれて作業開始 

ベースの切り出しはもう以前から準備していたので設計図通り切るので今日でほぼ終了かな? 
プラダンが切りにくいようだ 面の力には強いけど点の力には弱いからつぶさないように注意しないといけない また接着もどうするか検討中 今のところプラ用接着剤と瞬間接着剤、発砲スチロール用接着剤が候補に上がっている これは色も乗りにくくて使いにくいけど表面の凸凹がいいデティールになるし、断面の構造がちょうどハニカム構造を切断したみたいに見えて甲板断面ぽいので使用する 安いしね プラ板が同じ大きさだと3000円以上するのに 300円で売ってる


複製のほうはWFでの複製を行う人たちに任せきりになっている 問題はトラス構造の中の部分 三角形の穴を複製するので角の部分が痛みやすいこと ここがたぶん一番最初に壊れるそうだ
 
とりあえず今回は離型剤ではなく話題のモールドコートというものを使用してみることにする HP見ると型の寿命がかなり伸びるみたいなのでWFで使うことも考慮して試してみることにする
今日はとりあえず粘土うめとシリコン流し 大変だけど頑張ってほしい


甲板表面はまだ決定していないのでとりあえずエレベータの作成に入る 設計図はもうできているのでその通りに切り出してもらって組み立てる  複雑な形は設計者じゃないとわからないのでそこの組み立ては自分でやってほかのところをやってもらう かなり進んだ エレベーターは集会室が開くまでに完成するかも知れない そうなったら複製したトラス構造の表面処理だ 


機体の作成は二年生に任せることにする 簡単なポーズ案を話し合って10月中に表面処理をおこなってもらう
11月には完成するはずの甲板に置いてウェザリングや壊しを行う 

| 製作日記 | 00:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

10月2日 設計図と配置検討

 これはマクロス班の日記(一時的なものメンバー以外非公開 基本三年のみ)から転載したものです 

ここで甲板の設計が1/3終わった 製図に慣れてなくて時間がかかったけどこれ以降スムーズに進むようになった
こういうときM科がもっといればいいと思う 来年はM科三人だからそこらへんは安心できるのかな 

ここまでは三年生と一部二年生で作業を進めていた 設計は進んでいたけで作業分配と作業方法の指導がちゃんとしていなかった もっと早く進めておくべきだったかもしれない 反省


甲板の図面の1/3がほぼ完成。これをコピーして甲板に貼ってバランスを見たのち追加する部分などの検討を行う。
トラス構造のマスターも完成したみたい。また甲板表面に張るプラ板の配置を検討。

甲板の残りを家で書くつもりだったら設計図を部室に忘れた。反省…

明日はいよいよ本格始動開始。ただ仕事があまりない… まあプラ板の切り方教えてあと全体のイメージ教えておくか。

| 製作日記 | 00:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

10月1日 製図とトラス作成

 これはマクロス班の日記(一時的なものメンバー以外非公開 基本三年のみ)から転載したものです 

 エレベーターやトラスはこの時もう作業がほぼ決まって後は作るだけだったのに終わるのは今週 すごい時間かかった 
 設計さえできていればすぐできるかと思っていたけどそうでもなかった まあ作業分割がうまくいかなかったというのもあるけど 一部の人に作業を回しすぎかもしれない



エレベーターの図面が完成。日曜から切り出しを行ってもらう。トラス構造のマスターほぼ完成した。
また土台となる木の切り出しを行ったようだ。きれいに組まれている。俺は木工でのこぎりつかうの苦手だから素直にすごいと思う。

トラスを組み合わせると結構いい感じ。複製の出来にもよるけど頑張った感じが出るんじゃないだろうか。

| 製作日記 | 23:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

9月30日 設計図の清書

 これはマクロス班の日記(一時的なものメンバー以外非公開 基本三年のみ)から転載したものです 


電子機器はやっぱり秋葉は安い 模型用のLEDとかすごく高い 自分で作れば100円程度のものが500円くらいする

ちょっとはんだ付けとか抵抗計算とか必要だけど決まった規格だけじゃなく好きにできるので自作したほうがいいと思う 

トラスのマスターはもうちょっとちゃんと作ればよかったかもしれない 
何人かで分割して作ったからか複製したらずれが結構出てきている レジンの歪みもあるかもしれないけどそれだけじゃ説明できないぐらいずれてる こういう細かいことが後々響くのでよく考えてやっていかないといけないな



今日は学校に行く途中秋葉でこの前変えなかった基盤などの一部部品を買っていく。場所はマルツ。こういうとき実家組は強いね。通学途中に秋葉とかすげー便利。普段通学遠くてかなり面倒だけど。
あと今日は木曜でゲームの発売日だったのか人が多かった。平日なのにすごいな。何やってんだあの人たち。やっぱ大学生か?

ほかの材料を買いにいった東急ハンズで個人的に買ったことのある電子部品を発見。パッケージされてないバルク品を秋葉で買ったけど東急ハンズの半額だった。バルク品だけど一応ちゃんと動いてるしやっぱこういうパーツ関係秋葉強ーな。


作業としては大まかな縮小設計図を実寸大のものに拡大。プラ板の分割のことも考えてA3サイズの方眼紙にB4サイズで書いていく。これをスタイロフォームに貼ってバランスの検討をした後切り出しを1,2年生に行ってもらう。

あと複製するトラス構造のマスターの作成も開始した。マスターはしっかり作らないといけないので丁寧に作成。3mプラ棒を図面に従って切り取り組み合わせる。斜めに組み合わさるのでどうしても隙間ができるのでそこはアルテコで埋めているようだ。 
平らな面を出すのにあて木にいいのがないと行っていたが言えばやすりほう台貸したのにな。

| 製作日記 | 23:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

9月29日 下書き

 これはマクロス班の日記(一時的なものメンバー以外非公開 基本三年のみ)から転載したものです 

 この時のスタイロフォームの切り出しは事前に行っておいた スタイロフォーム関係は重武装派さんに任せているが平日にあまり活動していないのでちょっと不安 
 休日の進みは早いので今まで大丈夫だったけどそろそろ集会室使えなくなるからやっといてもらうよう話してみよう

 この時はすごく楽しかった テープ張って結構いい感じじゃねとか言ったり 

 今はごちゃごちゃして全体像が見えないし細かい作業が続いてつらくなってくる 頑張ろう・・・

今日は土台となるスタイロフォームに下書きをしていった。プラ版を貼り合わせて作るので分割線などをマジックで書いて甲板のラインをマスキングテープで表した。まだ全然できてないけどなんとなく完成した甲板のイメージがつかめたと思う。 写真は完成記念に部室にあったやつらが大集合。ごちゃごちゃしてすげー。このまま楽しく最後までいけることを切に願う。

ちなみに写真のメカゴジラは昨日完成したやつ結構うまくいったと思う。


トラスのマスターは2mmで作ってみたが小さいので3mmに変更して作成することになった。まあこういう変更はよくあることだし気にしない気にしない♪


Image094.jpg
部室のやつら大集合

| 製作日記 | 23:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

9月26日 買い出し 

 これはマクロス班の日記(一時的なものメンバー以外非公開 基本三年のみ)から転載したものです 

共同制作開始の買い出し 今考えるとあまり設計が練られていなかったのかあとから買いに行ったものが3万位になっていると思う これから塗装もあるし予算が大変なことになっている…

やっぱレジンとシリコンは高い WFに出る人は卓代に加えてこれとか大変だね 売れなかったらマジ悲しい

この後も電飾関係やエバーグリーンなどで秋葉には二桁は行っている 
定期だからいいけど正直途中下車が面倒 もう少し計画的にしても良かったかもしれない 



共同制作開始ということでマクロス班全員で買い出しに。ロックマン班とも一緒です。場所は新宿、ホームセンター、秋葉原。秋葉原は電飾関係をみるために行くので狭い店が多く人数がいると逆に邪魔になるかもしれないので三年生だけで行ってきました。 

トラス構造の複製のためのレジンとシリコンが高くて重かった。1、2年生に先に持って帰ってもらったのだが正直すまんかった。通販してもよかったかもしれんな。

秋葉原では主に秋月電子と千石電商を回って電飾関係を買いそろえた。今回の電飾はただ光らせるだけでとくに点滅とかないのでLEDと電池ボックス。電線と抵抗を買うだけで終了。電飾は模研では新しい試みだと思うので頑張っていきたい。
どうでもいいけどラジオデパートとかラジオセンターとかなんか雰囲気すごいね。秋葉でも上野方面にある裏のジャンク屋とあそこはなんか空気が違う気がする。まあでももとはあそこが秋葉だったんだよね。すげーな秋葉。


いくつか店回ったけど光ファイバーが見つからない…。細いのならあるが太めのがあんまし売ってないのか? 通販するしかないのだろうか。

| 製作日記 | 02:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マクロス班事前会議資料(8月16日)

 これはマクロス班の日記(一時的なものメンバー以外非公開 基本三年のみ)から転載したものです 

まだ活動が始まる前マクロス班三年生が集まって会議を行う際に事前にみてもらう資料として書いたものです  

 今見るとまだまだアイディア段階 まとまっておらず好き勝手行ってますが、映像を基本として細かいデティールは空母の写真や模型を参考にする基本的な方針はこの時からあまり変わってないようです

 中を空洞にして破損部分を見せる手法は面白いと思いますが強度的な問題があったので中にスタイロフォームを詰める方法に変更しました 

周りは結局トラス構造に 複製が大変です この時考えた周りは機械のようにコトブキヤのベースみたいな感じにするのとどちらが簡単だっただろう 






とりあえずモチーフとして現代の空母ミニッツとかを参考にして細かいデティールを考えて
それと基本的には映像と超合金を参考にして行こうと思う
ミニッツ級を参考にするのは日本に来て一般公開していたからかネットに甲板の細かい写真が多いから

とりあえず絵としてはところどころ壊れたマクロスクオーターの甲板で
アーマードアルトとルシファーが背中合わせ的な感じで乱射してる感じかな

個人的にエレベーターをどう使うかを考えたい 
表面は滑走路だから結構すっきりしてる 着陸支持のためのマーキングと固定ワイヤーとかを付ける穴とフック、
整備員をジェット噴射を避けるためのシールドがあればいいと思う

マクロスのエレベーターはどう描写するか
やっぱウルトラ警備隊みたいな感じで上がってくると仮定していいのか?
それならどう描写するか やっぱ壊れてエレベータが途中で詰まってる感じにしたらいいのか

あんまりそういう配置のセンスがないので話をしたいです

製作方法としてはまず看板を作るみたいに角材を板の四方に固定してその上にプラ版で甲板を作る感じかな こうすることで中が空洞になって壊れたところから中がのぞけるようになる

中は本物の空母だと東京タワーみたいに鉄骨がダイヤモンド型に組み合わされてる 
こんな形の物をなかに入れたい 自作するのは大変なのでなんかホームセンターとか100円ショップでいい感じのやつを見かけたら教えてください
最悪鉄道模型用の鉄塔とかを見えるところだけに分解して配置とかもあるけど高いし形も使いづらいからもっといいのを探したい

後横をどうするか 板で隠すのか それともトラスのものを詰めるのか またはなんかスターウォーズの表面みたいにするのか

甲板にはバジュラの手足とかモンスターの破片とかバルキリーの破片を適当に散らしたいです

今のところこんな感じ 合宿でスケッチ見せたいけど 絵が下手だからあんまし駄目かも…

あと今回照明をどうするか考えたい 宇宙だからただ作っておくだけだとおかしい 背景黒くして もしくは暗くして照明で照らす感じにすると面白いんじゃないか ただ見る方向は限られてくる

いろいろ意見を聞かせてください


| 製作日記 | 02:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今までの記録

 どうもマクロス班のyujiです

 いつの間にかblogができていたようです 言われて気付きました 

 というわけで今までの記録をこっちに移しておきます 

 まあほかの人みたいに面白いわけじゃないですが記録として

| 雑記 | 02:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

PK活動日記10/21の分

みなさんこんばんは。ペロペロです。

秋と言えば?
そう!スポーツの秋ですね!

去る10月22日。電気通信大学でも体育祭なるものがありました。
ネクラでモヤシなインドア草食系男子学生達も、この日ばかりは雄叫びをあげながら走りまわったのです。
そこには、全力を出した者達が繰り広げるドラマがありました。
そして勝利した時の達成感は、何物にも代えがたいものとなったでしょう。

おかげで僕は家でぐっすり寝られました。

※本学の体育祭は任意参加です。


※以下の記事は、10月21日に撮影した写真を元に書いています。「本日」は「10月21日」を指します。ご了承下さい。
本日のマクロス班

小さな作品を作るときでも、大きな作品を作る時でも、細かい部品からしっかりと作っていき、最終的に美しく仕上げた部品を組み上げて大きな美しい作品にするのです。

何が言いたいかと言うと、今はその細かい部品をしっかりと作る工程なので傍目から観て絵になるような大きな変化が無いのです。
写真をみせても「これ前回の写真と何が違うの?」状態なのです。

積み上がってる「表面処理済パーツ」の山の大きさが違うのですよぉおおおおお!!!


と、云うわけで積み上がっていた「表面処理済パーツ」の山。
DSC_0162.jpg DSC_0163.jpg

今日の羽入君。
DSC_0160.jpg DSC_0161.jpg

奴らはようやくのぼりはじめたばかりだからな
このはてしなく遠いマクロス坂をよ・・・
mikan.jpg


本日のロックマン班

ロックマン班は日毎に色々変化してくれるのでまとめる側としてはとてもありがたいです。

DSC_0164.jpg
さらに石膏をぬりつけたベース。
氷ステージは着々と出来上がっています。

生憎この日はロックマン班の人と大して長い時間お話が出来なかったので、個々の製作品に関してはよくわかりませんでした。

DSC_0165.jpg
ロックマンとスナイパージョー(名前覚えました!)、そして氷塗装のトライアル版。
なかなか氷ステージの雰囲気を出す塗装が見つからず難儀していたようです。

DSC_0167.jpg
難儀…?


DSC_0168.jpg
そしてこちらは森林ステージ!

関係あるんだか無いんだかわからない物がまた増えた!
手前に転がっているのは電池ケースと・・・*******ですね

そろそろお気づきの方も出てきたのではないでしょうか

そしてその上には・・・ん?

DSC_0169.jpg
誰の仕業や

今日もロックマン版は朗らかでした。


あんまり関係無い話

小さい頃、ぼくの叔父は子供をあやすのを面倒臭がって子供(つまり僕です)にアニメを見せていました。
成○の世界第11巻で鈴ちゃんも言っていましたが、泣く子には子供番組です。

しかし、叔父の変わっていた所は、それが子供番組ではなく自分も観るアニメだったという所でしょう。
つまり何故か小学生になってるんだかなろうとしてるんだかという年頃の子供が、オジサンと一緒にスレイヤーズやらセイバーマリオネットJやらを観ていた訳です。
(この辺りのチョイスは多分叔父が神坂一やあかほりさとるを好いていたからでしょう)

そんな中、観せられた一本のアニメがありました。
超時空要塞が発艦する時にいきなりプロペラ機でデモ飛行に飛び込んだアホが一緒に宇宙に旅に出るような話だった気がします。

そのアニメでは、中国人のヒロインが「きゅ~んきゅ~ん(→)きゅ~んきゅ~ん(↑)」みたいに歌っていました。
僕はテレビの前で悶えました。
横で観ていた僕の姉弟も一緒になって悶えていました。
こんな観ていて恥ずかしい物を良く電波にのせて日本中に流したもんだ。
そう思いました。


でも最近思うことがあります。
ああいうちょっと恥ずかしすぎる位が丁度いいのではないだろうか、と。

大体最近のアニメは、13話観てしまうと次の季節の新番組が終わる頃には忘れ去られてしまいます。
どんなに可愛いキャラがいようが、俺の嫁宣言をしようが、1年も過ぎれば
「あーあれ?え?まだ漫画連載してんの?」みたいに扱われるものです。

そんな中、いつまでも記憶に残り、何年経っても根強いファンがいるようなヒロインというのは、やはりどこか凡百なキャラとは違ったパフォーマンスをしている気がします。
それは例えば、日本中のテレビの前に座っていたピュアな心を持った少年を、恥ずかしさで畳の上をゴロゴロ転がし、角張った扇風機の足に頭をぶつけさせるような、そんな力なのではないでしょうか。

だが上条当麻。おめーの演説は駄目だ。

| 製作日記 | 03:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ロックマンと愉快な仲間たちの日記(10/20)

こんにちは。縞パンこと、1年のPARANOiSYです。誰かが僕を縞パンと呼んで以来、かっこいいモデラーネームが台無しです。まるでどこぞの「クライストとお呼び下さい。」状態じゃないですか。僕が縞パン好きだなんて紹介したのは一体誰ですか。

それはさておき、今日もロックマン班はとっても元気です。作業成果は以下の通りです。

・・・っと、氷ステージの全体像を撮ってくるのをわすれてしまいました。すみません・・・


今日も氷ステージに石膏を盛りました。これで天井以外の全外面に石膏を盛りきったことになります。
本当は天井の外側にも石膏を盛る予定だったようですが、天井の内側に盛るときにステージを逆さまに置けなくなってしまうということで急遽予定変更。
先に柱を作って強度を増し、天井の内側を盛ってしまう作戦に。これぞ臨機応変。

誰ですか、行き当りばったりなんて言うのは。物には言いようというものがあるのですよ。


柱はスタイロフォーム片をいくつか組み合わせて貼り合わせ、それに石膏を盛りました。もちろん石膏を盛っていただいたのは、いあいぎりを手に入れたぷもんじゅさんです。まだマサラタウンのAさんと僕は、経験値が足りませんでした。ぷもんじゅさんは「石膏を盛るのは秋だよ。」って言ってました。「飽きた」と聞こえたのはきっと僕の気のせいだと思います。食欲の秋、読書の秋、石膏の秋。

柱の石膏の乾燥待ちでタイムアップ。今日も一日石膏日和。


一方そのころ塗装室では、Hさん(湊さんでいいんでしたっけ?)が氷パーツにシルバーを吹いていらっしゃいました。
SN3N0003s-.jpg
写真のような綺麗な色をごつごつした表面で再現しようと奮闘して頂いたようですがあまりうまくいかなかった様子。
氷と言うより、洞窟の奥で見つかった伝説の鉱物、というような感じになりました。

これはこれでとっても有りなのですが、氷っぽくはならなかったみたいですね。
でもあの塗り、絶対他に使い道があると思います。


焼き石膏で平らに仕上げると写真のような出来になりそうだということで、部分部分で焼き石膏を使っていくことになりそうです。




最後になりますが、撮ってきた写真をとりあえず紹介します。


まずはこれ。
SN3N0001s-.jpg
Aさんがなんかすごく興奮してました。いろいろおっしゃってたんですけど、ロックマンをよく知らない僕にとっては、正直ちょっと何言ってるか分からなかったです。緊縛系が好き、ってことなんでしょうか?


次にこちら。
SN3N0002s-.jpg
Sさん(ariusさん)が持ってきたミニ四駆の上に立つジョー。F1で勝ったレーサーのごとく得意げ。アロンソもびっくり。
ヘルメットが余計にそんな雰囲気を出している感じですね。


最後にこちら。
SN3N0004s-.jpg
僕が任されているジョーを単体で。ちょっとカッコイイポーズで撮ってみました。他に盾を制作中。このポーズを見ていたら、
SN3N0004s1-.jpg
ごめんなさい。ほんの出来心なんです。許して下さい。


今日もロックマン班はとっても元気です。

| 製作日記 | 02:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

PK活動記録10/18

皆さんこんばんは。ペロペロです。

夜中は冷えるようになってきました。風邪を引かないようお気をつけて。

ところで日本では風邪を引くと部屋を閉めきって湿度を高く保つのが一般的ですが、ドイツの一部地方では
「常に新鮮な空気であったほうが良い」と、部屋の窓を全開にして寝るらしいです。
ちなみに僕もそっち派です。

本日(とちょこっと先日)のマクロス班

土曜日にも授業があったのでついでに部室に寄ったのですが、僕が行った時刻にはまだ集会室は開いていませんでした。

DSC_0145.jpg
機体製作にいそしむ監督氏。
一体どのような機体になるのでしょうか。

・・・と、この一枚が先週の土曜日の写真。

本日の分はここから。

DSC_0150.jpg DSC_0151.jpg
日曜日に招集がかかっていたようですが、マクロス班に大きな動きはあったのでしょうか。
前回の写真と見比べてみるのも楽しいかもしれませんね。

DSC_0153.jpg
arius氏の製作現場
機体製作チームの中でもかなり気合が入っている氏の作品、完成が待ち遠しいですな。
ちなみにその隣に置いてあった個人制作の方も盗撮カメラには収めたのですが、どこまで公開して良いのかよくわからなかったのでお蔵入りです。
是非、当日会場に来てご覧になって下さい。

と、ここで低温室にて複製をしているとの情報をキャッチ、カメラは低温室へと向かいました。

DSC_0155.jpg DSC_0156.jpg
丁度最終ロットの複製中でした。
抜けたり抜けなかったり抜くために型を変えたりと試行錯誤しながら25回も複製を繰り返したらしいです。
頭が下がりますね。

DSC_0157.jpg
戦いの証がうず高く積み上げられております。

DSC_0158.jpg
丁度現場に居たM氏に成功したショットを見せてもらいました。
(モデラーネームが複雑な人と普段本名で呼んでいる人はモデラーネームが出てこない事が有ります。
ご了承下さい。)
ここから バリ取り→整形→表面処理→仕上げ と経て初めて一つのパーツとして機能します。
大変そうですね。

それにしても身体に悪そうな空気が全開で生きるのが辛いです。


本日のロックマン班

ロックマン班も負けてはおらんばい!
と、言いたかったのですが時間帯が合わないのか、しまぱん君を除いたロックマン班の方とは滅多に会えません。
毎回撮影した後作業が進むので後手後手にまわってしまっています。申し訳ありません。

DSC_0148.jpg
この塗装テストは明らかに氷ステージを意識した物ですよね・・・
すごいぞこれカッチョイイ。
何となくワクワクします。

DSC_0147.jpg
ベースは細かい修正を入れている所で、大規模なアップデートは見られませんでした。
板に両面テープでスチロール板を貼り付けているのですが、その上に石膏を塗ると石膏が乾燥する時に収縮してスチロール板がゆがんだりたわんだりするのですよ。

DSC_0149.jpg
そしてこちらは森ステージをイメージしたベース。
手前に転がっている関係あるんだか無いんだか良く分からない謎の部品がどう生きてくるかは乞うご期待。

DSC_0152.jpg
今日もしまぱん君は確実に、着実に作業を進めていました。
ロックマン班用作業ブースに独りでした。
ごめんなさい、今日は4限からだったの・・・

ロックマン班は今日も平和でした。


あんまり関係無い話

マクロスシリーズと言えば、頭のネジが緩んだ男か女が何をトチ狂ったかいきなり戦場で歌うと何故か敵が戦うのをやめてくれる的なご都合主義のストーリーが大半です。
そして今流行のけいおん!とかいう奴も確か頭のネジが緩んだ女の子が歌を歌う話だったと思います。

という訳で次のマクロスはこんな感じになるんじゃないでしょうか。


マクロスSにある中華系女子高校に通う平・沢唯(ピン・タクウェイ)は、実家の日本企業が経営する中華料理屋の一人娘。
そんなある日、魚釣星雲の領有権を巡りマクロス内の中華系移民が大規模なデモを起こす。
デモの標的は日系企業の運営する中華料理屋・・・つまり沢唯(タクウェイ)の実家だ。
飛んでくる石。割られるガラス。飛び散る紹興酒。
「やめて!同じ中国人じゃないの!」
暴徒と化した中国人達の怒号にその叫びはむなしくかき消される。

と、目の前に転がっていたのは店頭デモ用のマイク。おもむろにそれを拾った沢唯(タクウェイ)は意を決し、歌を歌い出す。
「抱!到宇宙的尽头!(抱きしめて!宇宙の果てまで!)」
「由于中文是好k(中国語でおk)」
こうして沢唯(タクウェイ)の店は完膚無きまでにたたき壊され、店をたたんだのであった。

~ マクロスSenkaku nebula -完- ~


それではまた。

| 製作日記 | 03:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

PK活動記録10/15

皆さんこんばんは。勝手にPKをやっておりますペロペロです。

ロックマン班なのですが、班にこだわらず広報的なお仕事が出来ればと思います。

本日のロックマン班

前回の日記にあった氷ステージ完成に向け、スチロール板を切り貼りしておりました。
DSC_0131.jpg
※全てのサムネイルはクリックする事で大きな画像が出ます

DSC_0134.jpg

前回の記事で石膏を盛る、とありましたが、こんな感じになりました。
石膏が切れたらしく、本日夕方までの作業はここで終了。
右側は置いてあるだけ・・・なのかな?
それでも土台が出来てくるだけでなかなかそれっぽくなるモノですな!

ロックマン全然知らないけど。


他、ロックマンに出てくる敵キャラやらなにやらを各員製作しておりました。
DSC_0136.jpg

肖像権関係をイチイチ確認するのが面倒くさいので全員顔にモザイクを入れておりますが決して後ろ暗い人間の集まりではありません。

DSC_0137.jpg
おおー、これは凄い!
一年生しまぱん君製作中の・・・これは誰(本当にすみません・・・)

この完成度は期待できそうです。

今日も平和なロックマン班でした。


本日のマクロス班

マクロス班も、機体等作成チームとベース作成チームにわかれて作業をしておりました。

機体チーム羽入君、笑顔いっぱい余裕の作業
DSC_0133.jpg

一方ベースチームは大量のパーツを複製、バリ取り、表面処理…とかなりの重労働のようです。
3年生の先輩方の中には個人制作を早々と諦めた方も・・・

DSC_0140.jpg
一心不乱にパーツを瞬着で接着していくyuji先輩。
忙しそうです。

DSC_0138.jpg

マクロス班は今こんな感じ。
機体製作チームも魂を込めた機体を作っておりますので乞うご期待。


あんまり関係無い話

ロックマンといえばロールちゃんですね。

ヤマザキパンは学生に嬉しいロールちゃんを発売しています。
ロールちゃん

このロールちゃん、スペシャルサイトまであってヤマザキパンの本気を感じられる商品です。
ロール村ってなんやねん。

商品はオーソドックスなホイップクリームをオーソドックスなスポンジで巻いたロールケーキです。
大学生協、奥の冷蔵庫にて160円で売られています。

お腹がすいていて、かつ甘い物が欲しい。そんなあなたにお勧めの逸品です。
たんまり入ったホイップクリームがお腹と胸をいっぱいにしてくれます。
値段も160円と手頃で、かつ脅威の500kカロリーオーバーでエネルギーを充填してくれます。

生協ではホイップクリーム、チョコクリーム、つぶつぶリンゴの三種類を置いているようですが、大抵残っているのはチョコとリンゴです。
というかこのスイートポテトって何凄く美味しそう。
ともあれチョコもリンゴも美味しいので是非試してみてください。

ただし型紙を不用意に外すとべしゃっと落ちます。気をつけて下さい。

(´;ω;`)


それではまた~

| 製作日記 | 22:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ロックマン班日記

こんばんは、ぷもんじゅです。
毎年恒例の日記が始まりますよー!
とりあえず、一発目いただきます。

基本的に今日の成果の写真を上げつつ書く感じがいいとおもいます。
でも今日の写真とってないんですよねー、ごめんなさい。
なにも上げないのもあれなんでちょっと前にとった写真をあげます、みんなは写真忘れないようにね?

ひょうていがくえん

写真見てもなんだかよくわからんと思うのですが、これ氷ステージです。
凍りついた洞窟の断面みたいな感じで作る予定です。
写真左のスタイロフォームが重なってるところが入り口。
まんなからへんの岩男が寝てるところがティウンティウン(トゲ)ゾーン。
右のスタイロフォームの重なってるところにジョーが配置される予定です。
上のほうは洞窟の天井、石膏やらでモリモリ盛って岩肌っぽいかんじを出すつもり。
このほかにも3ステージ位作る予定なんで、このステージは今月中に形にするつもり、みんな頑張ろう。

ロックマン班は精密作業よりも全体の構成とかなんというか、センス的なものが問われると思うので、
みんな楽しい感じでアイデアを出し合っていきましょう。

それでは、アマガミ始まったのでこのへんで。

| 製作日記 | 01:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |